有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 37話 【えっちなお姉さんはきらい?】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。37話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 36話 【恭ちゃんの……せ………いっ】

2017.07.14

 

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。37話を読んだネタバレ

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

ソファに並び仕事の話をする二人。

 

 

 

そこへ玄関のチャイムが鳴ります。夜遅くの出来事に不信感を抱きながらもドアを開けた恭平の前に現れたのは同年代と思しき女の子。

 

 

 

「来ちゃった〜」

 

 

 

一瞬でドアを閉めて鍵まで掛ける恭平。

 

 

 

様子を見に来た煉は、理由も聞かされず「悪いが男装してくれ!」と部屋に押し込まれてしまいました。

 

 

 

なぜか鍵を持っていたその女の子は勝手に鍵を開けて、家に入り恭平に抱きつきます。

 

 

 

胸をグイグイ押し付けながら「取り込み中だった? 私がヌいてあげよっか?」と無邪気に言うその娘を恭平は「もうちょっと恥じらいってやつを……」と鬱陶しそうな表情であしらいます。

 

 

 

そこに言われたとおり男装をして戻ってきた煉。

 

 

 

「有栖川煉!? 本物だーっ」

 

 

 

煉を見て喜ぶその娘は、恭平の大学の友人の杉崎 陽菜(ひな)と自己紹介をしますが、煉はなぜ友達が合鍵を持っているのかが気になります。

 

 

 

ですが陽菜はそんな事は全くお構いなし。煉の手を鳥笑顔で言います。

 

 

 

「私とセックスしません?」

 

 

 

さっぱり理解が出来ない煉の前で服を脱ぎ始めた陽菜の服の下はそのまま裸。見せられた煉の方が恥ずかしくて動揺してしまいます。

 

 

 

「こうやって下着つけずに外を歩くとね、すっごく気持ちいいんだよ」

 

 

 

そう言われて、つい思い出してしまったのは暫く前に自分も恭平にやらされた野外での同じ行為。

 

 

 

思わず真っ赤になってしまう煉の指をねっとりと舐め始める陽菜。その舌使いに少し感じてしまい反射的に煉はドキドキとし始めてしまいます。

 

 

 

陽菜の行為はどんどんエスカレート。自分の胸へと煉の手を持っていって触るように促します。

 

 

 

「触ってほしいなぁ。えっちなお姉さんはきらい?」

 

 

 

胸を煉に触らせながら、オナニーを始める陽菜。触れられていた訳でもないのに、割れ目は流れ出るほど濡れています。

 

 

 

「この格好で散歩してたから……私のここ……もうぐしょぐしょなの……」

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

『有栖川煉ってホントは女なんだよね。』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 38話 【恭ちゃん……今頃あの子としてるのかな……】

2017.07.14