有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 38話 【恭ちゃん……今頃あの子としてるのかな……】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。38話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 37話 【えっちなお姉さんはきらい?】

2017.07.14

 

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。38話を読んだネタバレ

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

「煉くんの、挿れてくれる?」

 

 

 

そう言いながら、座り込んでいる煉の足に跨る陽菜。「何しに来たんだよ」と、ここでやっと恭平が止めに入ります。

 

 

 

「エッチしに来たに決まってるじゃない。セフレだもん」

 

 

 

事も無げに言う陽菜に、煉と恭平の空気が凍りつきます。

 

 

 

昔の話だろ!と言い返す恭平でしたが、煉の気持ちは落ち着くはずがありません。

 

 

 

「彼氏と別れて行くとこなくて。しばらく泊めて?」

 

 

 

他へ行けと言われても、本命がいる人には手を出さない主義だからダメと食い下がる陽菜。上手くごまかすことが出来ない恭平は、抱きつかれながらも強い態度に出られません。

 

 

 

「どうせ彼女とかいないでしょ? エッチできれば誰でもいいって言ってたもんね」

 

 

 

それまでは黙っていた煉でしたが、陽菜のその言葉は心に刺さりました。

 

 

 

「泊めてあげなよ。お邪魔みたいだからごゆっくり」

 

 

 

そう言って煉は二人を残して部屋を出ていきました。恭平は慌てて後を追いかけます。

 

 

 

煉を見付けられず、マネージャーの元へ向かった恭平は「ホテルに泊まるけど、場所を教えないで。付き人の仕事もやすんでいい」と煉からの伝言を「嫌われたわね〜」と笑いながら伝えられます。

 

 

 

図星をつかれてイラッとして帰ろうとした恭平にマネージャーは真面目な顔で一言。

 

 

 

「煉が付き人とデキてるって噂が流れてるから、気をつけて」

 

 

 

(恭ちゃん……今頃あの子としてるのかな……)

 

 

 

ホテルの一室で、恭平のことを考えながら1人ベッドに寝転がる煉。

 

 

 

恭平とシているときの事を思い出しているうちに身体が疼いてしまった煉は、そろそろと自分の下半身へ手を伸ばします。

 

 

 

(恭ちゃんは、いつもここ……こんな風に……)

 

 

 

恭平の事を想像しながら自分で弄くっているうちに興奮が高まり、激しいオナニーへと変わってきてしまう煉。

 

 

 

(どうしよ……指……止まらない……)

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

『有栖川煉ってホントは女なんだよね。』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 39話 【またセフレに戻ろうよ恭平。】

2017.07.14