有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 45話 【煉の中……すごい熱い……】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。45話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 44話 【弄る前からぐしょぐしょだったよ?】

2017.07.14

 

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。45話を読んだネタバレ

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

外に気付かれないように耐える煉の表情にそそられてしまった恭平は、我慢ができずに腰を動かし始めます。

 

 

 

「〜〜〜〜……っ////」

 

 

 

口元は押さえられているものの、激しくされて腰が抜けそうになってしまう煉。

 

 

 

ようやく人の気配が消えたところで、さすがの煉も恭平をたしなめようとしますが、言い終わらないうちに「我慢できなくて……」と腰の動きが早まります。

 

 

 

「あっ……いきな……りっ……あっ////」

 

 

 

「煉の中……すごい熱い……」

 

 

 

そんな風に言われてしまうと、もう何も言い返せません。

 

 

 

「はげ……し……っ」

 

 

 

快感で、壁を支えに立っているのがやっとの煉。

 

 

 

限界になった二人は同時にイッてしまいました。

 

 

 

「今頃2人はお楽しみ中かな〜」

 

 

 

楽しそうに戻るのを待っている陽菜。

 

 

 

煉のことは男だと信じて疑っていないので、恭平がそういう愛に目覚めたのかと勘違いしています。

 

 

 

そこへ、スマホに着信が。

 

 

 

「私の性欲にはついていけないって言ったくせに〜」

 

 

 

陽菜への連絡は、別れたばかりだったという元カレ。戻って欲しいと言われた陽菜は煉と恭平の前で存分にのろけます。

 

 

 

そして、煉に手を出して、と持っていた恭平の部屋の鍵を渡して笑顔で帰っていきました。

 

 

 

「これ、僕が持ってていいの?」

 

 

 

陽菜に渡された鍵を嬉しそうに見つめる煉。その顔を見て恭平は照れくさくなります。

 

 

 

(何で合鍵くらいで、そんな嬉しそうな顔……)

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

『有栖川煉ってホントは女なんだよね。』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 46話 【もしかして期待してた?】

2017.07.14