有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 46話 【もしかして期待してた?】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。46話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 45話 【煉の中……すごい熱い……】

2017.07.14

 

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。46話を読んだネタバレ

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

撮影現場で監督から肌見せを要求されたことで、煉のマネージャーの皐月が荒れています。

 

 

 

現場からの帰宅後もお酒を飲みながら愚痴り続ける皐月でしたが、疲れと酔いのせいで二人の前で机に突っ伏して眠ってしまいました。

 

 

 

突っ伏した勢いで皐月の持っていたお酒が二人の服にかかってしまったので、皐月を部屋に残して二人は風呂に向います。

 

 

 

「あの……なにも一緒に入らなくても……」

 

 

 

もじもじしながら、煉は恭平の入っている湯船へゆっくりと入ります。

 

 

 

「ただ風呂入るだけだって」と恭平に言われますが(エッチな事をしてくるに決まってる……)とちょっとだけ期待してしまっているような煉。

 

 

 

ですが、恭平は一向に手を出してきません。なんとなくソワソワしてしまう煉に気付いたのか、恭平は後ろからスッと煉の胸へと手を伸ばします。

 

 

 

「もしかして期待してた?」

 

 

 

胸を揉まれて乳首をスリスリと刺激されて感じてしまう煉ですが、肯定するのは恥ずかしい様子。

 

 

 

つい「違う」と言ってしまった煉からパッと手を話して「じゃあ止めとくか」と意地悪な恭平。

 

 

 

煉はその手を取って真っ赤な顔で訴えます。

 

 

 

「あ……や、やめないで……」

 

 

 

上気した煉の可愛さと色っぽさに煽られる恭平は煉を立ち上がらせるとボディソープを手に取り「全身くまなく洗ってやるよ」と煉の胸を丹念に洗い始めます。

 

 

 

ぬるぬるとした感触はいつもと全く違った感覚で、濡れた肌が敏感に快感を伝えます。

 

 

 

執拗に乳首をいじくり回されて下半身が疼いてしまう煉。

 

 

 

「マネージャーに気付かれるぞ」

 

 

 

「そん……なっ、あ……っ」

 

 

 

ナカを指でかき混ぜられて煉は立っているのもやっとで、恭平に体を預けるように抱きつきます。

 

 

 

糸をひくほどトロトロに潤ったナカから指を抜いて、恭平は立ち上がり煉を抱きしめて囁きます。

 

 

 

「入れていいか?」

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

『有栖川煉ってホントは女なんだよね。』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 47話 【全然つり合ってないな……俺】

2017.07.14