有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 48話 【煉を……俺だけのものにしたい】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。48話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 47話 【全然つり合ってないな……俺】

2017.07.14

 

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。48話を読んだネタバレ

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

ももかの下着を脱がせたはるなは、ごそごそと何かを取り出します。

 

 

 

取り出されたソレは、ピンク色のローター。

 

 

 

震えるローターを乳首にツンと当てられてビクッしながらも、さすがに「なんてモノ持ってきてるんですかっ」と焦るももか。

 

 

 

興奮した様子で「ももかに悦んでほしくて」と言うはるなに咎めながらも、振動するローターを乳首にそっと触れさせられてしまうと敏感に感じてしまいます。

 

 

 

「んんっ……〜〜〜〜……っ」

 

 

 

胸に沈むようにローターを押し当てられて、声にならないももか。その様子を見ながら、はるなはローターをももかの下半身へと持っていきます。

 

 

 

敏感なトコロに伝わる振動。ももかは快感が止まりません。

 

 

 

はるなはももかに跨ると自分とももかの間に、お互いに押し付け合うようにローターを挟みます。

 

 

 

振動を激しくして、同じように痺れるような快感を味わう二人。抱き合いながら舌を絡めているうちに、徐々にお互いが高まってきます。

 

 

 

「わた……しっ、もう……っイッちゃ……」

 

 

 

「私……もっ、ももか……いっしょにっ……」

 

 

 

「……またやってしまった」

 

 

 

と着替えながらため息をつくももかの後ろで「受け入れてくれて嬉しい」と喜んでいるはるな。

 

 

 

それでも煉が気になってしまうももかは、はるなの気持ちを受け止めきれず複雑な気持ちになります。その気持を察するはるな。

 

 

 

(まずはあの2人を別れさせなきゃ)

 

 

 

仕事の順調さを親しげに話す煉と拓真。煉の肩にまわされた拓真の手に、恭平は面白い気分ではありません。

 

 

 

「仲いいんだな」

 

 

 

親しげな2人のことを聞く恭平に「演技がすごく好き。憧れの先輩だよ」と笑顔で答えた煉に嫉妬してしまった恭平は、いきおいで煉にキスをするとそのまま床に押し倒します。

 

 

 

あまりにも突然で、顔を赤らめながらも「……恭ちゃん?」と戸惑う煉。

 

 

 

(全然つり合ってないのに、煉を……俺だけのものにしたい)

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

『有栖川煉ってホントは女なんだよね。』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 49話 【有栖川煉と別れて】

2017.07.14