有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 51話 【シてあげるのが男じゃないの?】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。51話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 50話 【ホントにやめて欲しいのかな〜?】

2017.07.14

 

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。51話を読んだネタバレ

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

「ほら、恭平くん。触ってあげて」

 

 

 

そう言って笑いながら煉を恭平に押し付けた皐月。

 

 

 

私のことは気にしないで、とお酒を飲み始めますが、さすがにこの状態ではできません。

 

 

 

だらしないわね、と皐月は言って煉の下半身へと指をやります。

 

 

 

「煉が欲しがってるのよ。シてあげるのが男じゃないの?」

 

 

 

下着の上からヌルヌルと焦らすように指を動かされ、感じてしまって身体が疼き息が荒くなる煉。

 

 

 

ヌルヌルと動く指が、下着をズラして煉のナカへ濡れた音を立てて挿入されます。

 

 

 

「最近の煉に色気が出てきたのは、恭平くんに可愛がって貰ってるからかしら」

 

 

 

2本の指でナカをかき混ぜられる煉。

 

 

 

恥ずかしいことを聞かれ、恭平にもたれ掛かりながら「そ……んな……っ」と喘ぐ煉のお腹に恭平の固くなったものが触ります。

 

 

 

(すご……かたい……)

 

 

 

その触れたものにドキドキしながらも激しく責める皐月にイカされそうになってしまった途端、突然その動きが止まりました。

 

 

 

ふと見ると酔いが回ってしまったらしく、だらしなく眠ってしまった皐月の姿が。

 

 

 

なんとなく、いたたまれなくなってしまう2人。

 

 

 

こんな状態で終われるか、と声を掛けようとする恭平にもじもじと煉が何か言いたげな様子。

 

 

 

「さ、皐月さん風邪ひいちゃうよね」

 

 

 

言おうとした言葉を口に出さずに皐月に布団を掛ける煉は、拓真のことになると様子が変わる恭平のことを考えます。

 

 

 

「恭ちゃん、昼間様子おかしかったけど、もしかして……」

 

 

 

答えに困った様子の恭平を見た煉は慌てて言います。

 

 

 

「恭ちゃんが僕にヤキモチなんて妬くはずないもんね。僕は……男みたいなものだし」

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

『有栖川煉ってホントは女なんだよね。』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 52話 【恭ちゃんと……いっぱいキス……してる】

2017.07.14