有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 35話 【ごめん。もう一回シたい】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。35話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 54話 【こんな人前で】

2017.07.14

 

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。35話を読んだネタバレ

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

「その格好は反則だろ・・」と言って恭平はキスをします。「制服とか好きな男性多いもんね!」と言う煉ですが。

 

 

 

その制服はノーブラです…

 

 

 

そこにも欲情した恭平です。ふにふにノーブラのおっぱいを揉みます。

 

 

 

パンツに手を入れると煉はもう濡れています。

 

 

 

しかし、それは煉だけではありません。恭平のモノもさっきから固いのです。それをしっかり握る煉。

 

 

 

二人はキスをしながらベッド行きます。

 

 

 

煉は恭平のチン●ンをさすさすちゅこちゅこ、恭平は煉のマ●コをぐちゃぐちゃくちゅくちゅ。

 

 

 

少し積極的な煉に「自分で動いてみるか?」と恭平。

 

 

 

煉はドキドキしながら、恭平の上に跨ります。(#゚ロ゚#)

 

 

 

そしてそのまま自分で挿入します。

 

 

 

もうそれだけで煉はトロトロです。

 

 

 

慣れておらず、ぎこちない様子の煉。そのたどたどしさが恭平にはエロを感じます。

 

 

 

恭平が気持ちいいと言うとトロンとした顔で煉は喜びます。

 

 

 

そんな煉の表情に堪らず、恭平は下から突き上げます。

 

 

 

煉のおっぱいを舐めながら動きます。

 

 

 

れろれろぢゅぷぢゅぷ・・・煉は吐息が漏れます。

 

 

 

快感の中、手を繋いで煉と恭平はイッてしまいます。

 

 

 

それでも恭平の欲情は止まりません。次は背中を舐め始めます。

 

 

 

きょとんとしている煉に恭平の硬いモノが当たります。(あれ・・まだ固い・・。)

 

 

 

「ごめん。もう一回シたい。」と囁く恭平。第二回戦開始です!!(艸д゚*)

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

『有栖川煉ってホントは女なんだよね。』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!