有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 78話 【痛かったでしょ、頑張ったわね】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。78話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。 無料 ネタバレ 77話 【本番前……なのに、こんな…】

2017.08.22

 

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。78話を読んだネタバレ

 

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

(何やってんの私……こんな時に……っ)

 

 

 

足首を捻挫したももかは悔しさが込み上げてきました。こんな怪我で煉にもみんなにも迷惑はかけたくないと、無理やり立ち上がったももか。

 

 

 

「私……できます。やらせてください!」

 

 

 

包帯が巻かれた足首が写らないよう調整しながらの撮影は長時間続き、ももかの足首の痛みは強くなってきています。

 

 

 

その様子を見るはるなが心配そうにしているが、あと少しでシーンを撮り終わるからと、ももかは本番へと望みました。

 

 

 

祭りのシーンのメインとなるキスシーン。

 

 

 

足首の痛みに思わずつまづきそうになったももかの体を優しくささえた煉は、優しくキスをして耳元へ『好きだ』と囁きます。

 

 

 

撮影をなんとか終えたももかは、カーテンを張られた簡易的な休憩所のパイプ椅子に座り、大きく息を吐きました。

 

 

 

「痛かったでしょ、頑張ったわね」

 

 

 

優しく声をかけて顔を覗き込むはるなへ、ももかは顔を輝かせて嬉しそうに答えるももか。

 

 

 

「当たり前です。告白されてキスされるなんて約得ですよ。さりげなく支えてくれて、あんな事されたらもっと好きに……」

 

 

 

そこまで言うと、ももかは唐突に言葉を途切らせます。

 

 

 

(でも……実際にそんな日は来ないんだろうなって、どこかで思ってしまった……)

 

 

 

じわりと涙を浮かべたももかは気持ちを悟られないよう涙を拭ったが、はるなはその気持ちすら見透かすようにその頬へ手を触れました。

 

 

 

軽いキスから舌を絡め合わせる深いキスへと変わります。

 

 

 

お互いにしか聞こえないような濡れた音が耳へ届いてきます。

 

 

 

(やだな……きもちいい)

 

 

 

はるなからのキスを素直に受け入れるももかだったが、浴衣をはだけられた胸を吸い上げられると、さすがに小さく抵抗をしてしまいます。

 

 

 

「ん……っ、まって……声……外に、聞かれちゃ……」

 

 

 

その声は届いたはずなのに手を止めず、はるなは椅子に座っているももかの足の間へかがみ込むと、下着をずらして潤ったソコをくちゅくちゅと、丁寧に舐め始めました。

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

 

 

 

『有栖川煉ってホントは女なんだよね。』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

有栖川煉ってホントは女なんだよね。